カエルだって、とぶ



メガネスタンド

 メガネを使用しています。
本当はあまり好きではありませんが、コンタクトが体に合わなかったので、仕方なく使っています。
体に合わないだけでなく、スケッチやデッサン等をする際、非常に邪魔になるのです。
 スケッチをするとき、特に屋外にいる時、人間の視界にはどうしてもメガネの縁が入ってきてしまいます。
また、強い日差しの時などは素材によっては反射します。
レンズにも無色のものは少ないと言っていいでしょう。メガネを白い紙の上に置くと、黄みがかっていたり、青みがかっていたりしますね。
それを通して遠景を見るとやはり実際とは若干色みが違います。
また、裸眼で乱視の場合、メガネにも補正が入るので、その分距離感が鈍くなるようです。
 デッサンをする時は主に室内にいますが、室内光でも同じようなことが言えます。
特に天窓ではなく、上部に蛍光灯がある場合は、メガネによってだいぶ空間(空気の部分の把握)感覚が狂います。
 なので正確さの求められるデッサンや模写の時は、メガネをかけたり外したりします。
なんで人間って複眼じゃないんだろう。
a0045660_101131.jpg

[PR]
by griffonneur | 2010-03-08 01:12 | 平日
<< 初の立ち読み→即買い 二足歩行 >>


芸術と整頓と、歪曲を好む絵描きこと座敷童のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30