カエルだって、とぶ



<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


おとしもの

 とある掲示板で「今まで見た不思議な落とし物」というものがあった。
マグロ一本とか、マネキンとか、ジャンガリアンハムスターとか、箱入り冷蔵庫とか。
書き込みを見ていると、子供の頃だが、という言葉が多く目についた。
そういえば、私も小さい頃はたくさん落とし物を見つけては、交番に持っていていた記憶がある。しかし、自転車に乗れるようになってからだろうか、落とし物を拾わなくなたようにも思える。
 子供だったから、見つけられたのかもしれない。足下を見ているだけではダメなようだ。
ちなみに私が今まで見つけた中で、もっとも変なものは、等間隔に落ちていたところてん。
[PR]
by griffonneur | 2010-01-31 20:01 | 休日

河川敷をならす

 有名河川の河川敷をブルドーザーとおじさんが均していた。
冬場は水かさも減り、川幅が狭くなっている。
もっとも夏場でも、画面中央を横切る飛び石を使って、向こう岸へと歩いてわたることができるのだ。
 河川敷というと、昔は足下が見えないような有様で、近づくなといわれた場所トップ5には入っていたはずなんだけれど。
まるで泥田みたいな光景にしばし呆然としつつも、この町の河川敷のバーベキュー普及率を考えたら仕方ないなと落ち着いてみた。
a0045660_125811.jpg

[PR]
by griffonneur | 2010-01-29 01:03 | 平日

ぶどう味かと

 思った。
思い込んだ。
まずくはなかったけど裏切られた感は否めない。
a0045660_224378.jpg

[PR]
by griffonneur | 2010-01-27 02:24 | 平日

指輪って

 母から「これデザインが古くなったから」と言って、お下がりの指輪をもらった。
でも私は絵を描いたり本を漁ったりするので指輪はすごく邪魔で、まず、つけない。
そもそもこんなところにはめるのはおかしいじゃないか。と思ってそれをおっぱじめたのは誰かと調べてみた。フーム、現存する最古の指輪は紀元前2000年頃、エジプトのものらしい。用途は正確ではないが認証印のような扱いらしい。古代ローマでは身分証のような役割だったようだ。その後は認印のような扱いが主で、後々「認証」→「誓約」という形式になったように思われる。
 ということは、もっと古いものも在ったわけで、その用途がなんだったかも不明なわけで。
そう考えると、ますます指輪怖い、とおののくわけです。
ナックル的な使い方もありかなと、最近のデコラティヴリングを見て考えてはいます。
[PR]
by griffonneur | 2010-01-25 00:52 | なぞです

フープネックレス

  勉強でようやく一段落ついたので(';ω;`)ブワッ、一息ついてアクリルフープでネックレスを作ったよ!
所要時間30分、1000円くらい。
ドイツビンテージビーズの模刻版アクリルビーズ、ウッドビーズ、ニッケル金具。
 いわゆるコスチュームジュエリーの流行期に作られた1950-60年代のビーズを、現在、アクリルで復刻したものをビーズ屋さんで見つけたのだけど、眠らせていたのでつなげてみた。
アクリルビーズの長所は、なんと言ってもその軽さ。
短所は色幅の少なさと、どうしてもできてしまう「継ぎ目」。
だから私は天然石の方が好きなんですけどね。
a0045660_13153.jpg

[PR]
by griffonneur | 2010-01-23 01:31 | 平日

飲むカカオ

 そうだ、飲むカカオだと思えばイインダヨ!ヽ(`Д´)ノ
私はかなり昔に料理音痴な両親に鍛え上げられたせいか、完璧な味覚音痴・・・というか、“旨い”という感覚が微妙に欠落している。
たいてい体に害をなさない程度のものならば、何でも「あれ、これ美味しいね」と言って食べる。
訓練内容の一例を挙げると、キュウリを短冊切りにしたらうっかり石鹸の上に落としたけど洗ったから出してしまえ、・・・といったレベルだ。石鹸の味しかしませんでしたよ。あとは三日経ったメカブとか・・・ドブ川の味がしましたよ。
おかげで好き嫌いはない。食えるときに食う。外国にいっても困らない。
初めてイタリアでラザニア(町のレストランレベル)を食べて感涙するくらい、残念な味覚経験の持ち主だ。
だから口にしたことないものには興味津々だ。
今日もスーパーでステキな危険物を発見した!
チョコレートスパークリング!!
冷たいチョコレート(ただし透明)が喉ではじけるなんて、想像できません。早速飲んでみましょう。
・・・はい!美味しいと思います。
a0045660_111199.jpg

[PR]
by griffonneur | 2010-01-21 01:11 | 興味津々

左ヒラメに右カレイ

 ニュースを見てたらついにその謎が解明されたらしい。
ヒラメもカレイも稚魚の時は左右対象なのだが、内臓の位置決定遺伝子というものがあって、例えば人間の心臓が左(時には右に)寄っているのはその遺伝子が原因だそうだ。人間は胎児の段階で働くが、ヒラメやカレイは稚魚になってそれが再機能し、能がねじれてしまうそうだ。
 これは遺伝子操作や生育環境で左右対称、また左右逆にすることができるようだが、左右対称になったら、縁側が少なくなってしまうので、ちょっと残念な気もする。
[PR]
by griffonneur | 2010-01-19 00:43 | 平日

いっしょにわたろう

 自転車が便利な町なので、よく自転車に乗って所用を済ませにいく。
私のいる町にはでっかい病院がたくさんあるので、そのそばをいくつか通過することがある。
とある病院前の十字路で信号待ちをしていたら、向こう側を電動車いすのおばあさんがわたっているのが見えた。
すると、その後ろにはもう一台、手動の車いすのおばあさんがついてきている。
よく見ると、後ろのおばあさんは前方の電動車いすのおばあさんと、縦方向にしっかり手をつないでいるのだ。
二人のおばあさんはニコニコしながら手をつないだまま、電動車いすのスピードで、あっという間に道路をわたり、路側帯の微妙な段差も一気に乗り越えた。
そしてそのままどんどん進んでゆく。
見ていて不思議な光景だった。
 私の住む町は盆地なのでとても寒い。手動車いすのおばあさんは手が、かじかんでしまったのかもしれない。そこに電動車いすのおばあさんがきてくれたのだろうか?
しかしこの発想はすごいな、と静かに感心して見送っていた。
[PR]
by griffonneur | 2010-01-17 01:21 | 平日

ドン・ケローネ

 ずいぶん前に、父に買ってもらった、カエルのぬいぐるみだ。
本当はぬいぐるみなどとは全然関係ない店に行ったら、ディスプレイされていたこいつの巨大バージョンが欲しくなって買おうとしたら、とめられたような記憶がある。ちなみに巨大バージョンは30センチ以上ある。
 モニュモニュ要員。
a0045660_171366.jpg

[PR]
by griffonneur | 2010-01-15 01:07 | 平日

アゲートネックレス

 勉強で大ミスをおかしたので(';ω;`)ブワッ、泣きながらいろいろなアゲートでネックレスを作ったよ!
所要時間40分、1700円くらい。
アゲートといえば瑪瑙です。お土産とかパワーストーン屋とかでもよく見る石ですが、色幅があるのと、石の構造上染色加工を施しやすいので、色によって違う石種だと思われがちです。
見分けるのは独特の縞模様の白い筋、です。半透明なところも要チェックです。
天然のものは、白、茶色、黒、赤、緑、黄色、あとはこれらがグラデーションで組合わさっています。
有名なのは不透明な黒瑪瑙ですね、オニキスです。魔除けの効果があるといわれています。
もっとも、最近は染めたバイカラーのものも多く、紫やピンク、黄緑や青など色鮮やかなものが目立ちます。
わざと石に亀裂(クラックル)を入れて、そこに染料を流し込む(ダイド)加工がされたものなどを使ってみました。すっごく重いので実用性はないです。
a0045660_05775.jpg

[PR]
by griffonneur | 2010-01-13 00:57 | 平日


芸術と整頓と、歪曲を好む絵描きこと座敷童のブログ