カエルだって、とぶ



桜の枝

 ずいぶん放置していましたが、少しずつ復帰します。

 桜は弱い、と聞いております。
 だからむやみに傷つけてはいけない、枝を折るなんてとんでもない、と。
枝垂桜が歩道まで傾いでいる所で、花を花萼からむしりつつ、そんな話をしている方を見ました。
子猫でも抱くように摘んだ花を持っていかれました。
あまりにもいとおしそうな笑顔だったので、最初感じた矛盾や喉の突っかかりが吹き飛んでしまったのだけれど、それは共感したと一瞬だけ自分が錯覚した自分へのおせっかいだと、反芻したり。
a0045660_5253895.jpg

[PR]
# by griffonneur | 2012-04-15 05:25 | 平日

対義語

「楽園」ってどんなところかを考えるとき、やはり時代と文化背景でそれは違ってくる。
宝石がいっぱいのキラキラしたところがステキ!という記述の古い文献を見たが、
それを研究しているドイツの人は
「そんな人工物ばかりのとこ嫌じゃん!自然がいっぱいが良いよ!」
と言っていたらしい。

でも、自然物と人工物ってほんとうに対義語なのだろか?
[PR]
# by griffonneur | 2011-06-07 02:39 | 平日

VS酔っぱらい

 アルコールをあまり飲まないみとしては、極度の酔っぱらいってどんな状態なのか全く解らない。
お酒ちょっと飲む→おねむ
なので、酩酊状態のままさまようってどんななの?
夜遅く自宅に帰る時は、かなり大きな駅を利用するので、夜にとても見事に出来上がったおっさん達とエンカウントする。
元々見知らぬ人によく話しかけられるので、何か、話しかけやすいオーラがあるのだろうけれど、高確率で声をかけられる。
しかも内容は大抵一方的に、憤懣や信条を演説されたり、花しまくられたあげく、
同意(もしくは同情)をもとめるものばかり。
一々かまっていたら余計絡まれるので、無視するのが正解なのだけど、
最近は若い酔っぱらいは無視すると「無視すんなこら!」と切れおるので、思考を停止させる返答を瞬時に返せるかに重きを置く事にした!

「おねーさん!これって超ムカつくよね!?」
「おにいさんじゃこらぁ!!」

酩酊状態って頭働いてるのか、働いてないのか、未だに解らないけれど、
河で言ったら浅瀬をすごい早さで水が流れていくかんじだと思っている。
a0045660_4394854.jpg

[PR]
# by griffonneur | 2011-06-05 04:39 | 休日

ぬいぐるみ

 普段、猫とか犬とか、鳥とか虫とか。
普通に同じ気圧で同じ気温で、生きていれば八合わせるような動植物は見ていて飽きないけれど。
水中でも、新海だったり、同じ場所でも時代だったり、決して同一の空間で触れる事の出来ない動植物はまた違って興味深い。

 ぬいぐるみ、というのはゴッコ遊びの発端だったりするけれど、最近はストラップも巨大化してきたり、大人も、男女問わずにぬいぐるみを持っているなあと思う。
私は昔からあまりぬいぐるみに興味を示さなかったので、
(どちらかというと、プラモデルやジオラマ派、集めていたのはシルバニアファミリーの家具ぐらい)
ぬいぐるみというのはなんだろうと、不思議な思いをした。
 ちなみに父と母はでっかいぬいぐるみが好きで、60cm以上のをひとつずつ抱えてテレビ見てる。
聞くと、落ち着くのだそうな。
ぬいぐるみはやはり子供のような役割なんだろうか。
もしくは自分の思うようにイメージを転写できるので安堵できるのかもしれない。
うさぎのぬいぐるみ→うさぎにおとなしいカワイイという自分の希望を転写する。
じゃあいっぱいぬいぐるみ持っている人は、現実に不安が多いんだろうか?

 話は戻って、なかなか現実的に出会う事の出来ない生物や、本当は大好きなんだけど、中型の動物みたいに一緒に生活するには、環境が人間と違い過ぎるので断念している生物がぬいぐるみになっていると、とても嬉しい。
そしてついに古代生物「アノマロカリス」のぬいぐるみストラップを手に入れた。
大きさは1/200くらい。
エビっぽい生物なのでフェルト生地なのが残念だが、毎日ムニムニしている。
ムニムニする事でなんか5億2500万年前と交叉した感覚になってみる。
a0045660_383369.jpg

[PR]
# by griffonneur | 2011-06-04 03:08 | ナマモノ

国外の報道写真

 ここ数週間、震災の特集が続いていたので、久しぶりに外国の報道と日本の報道の写真を見比べていた。
 国内誌の写真は、総てを読者に委ねる形のイメージ写真と行った感じだが、受取手がその視覚イメージの中からいくつかのキーポイントを提示してあって、それらを選択することを予測してとられている構図が多かった。
国外のものは、本当にその空間が現し続ける流動的な時間の断面を切り落として晒す、といった感じだった。
 適切かは解らないが、国内の報道写真は、お歳暮のハムで、国外の報道写真は生肉の切りっ放し、と言った風合いだと感じた。

 絵画と写真の違いは以前も軽く触れたが、こういったところにも現れる。(よく勘違いされるのだが、絵画のプロであれば写実的に、写真のように対象を描ける事は至極当然の技術なので、写真機の普及以降の近代において、その先の表現方法で絵画と写真は大きく異なってくる)
ただ、報道写真にどこまで芸術性が問われるかは難しいところだと思うし、むしろ倫理観の方が問われる事が多いと思う。
なので、一回の受け手としておもうのは、過剰包装はいらないですし、私たちそんなに鈍感ではないのでやたらとお膳立てしなくても解ります。と言ったところ。
a0045660_650438.jpg

[PR]
# by griffonneur | 2011-03-29 06:50 | 平日

花柄の服を着る

 今年は小花柄のいカットソーやスカートが流行りで、女の子がよく着ているのを見るのだけれど。
花柄をアースカラーと会わせると女の子らしいとのこと。
確かに色鮮やかな花を生地に使ったものは女性服が多いし、紀元前の彫刻でも花を身につける女性の図像は多くある。
 でも、例えば聖人を賛嘆する場面では男性が花を捧げ持っているし、花自体には女性的という意味は無いようで、つまりは、花を身につけるということで女性らしさと繋がるらしい。
ちなみに、日本人はピンク色を女性向けな色と感じることが多いようだけれど、世界的に見ればそんなことは全然ないので、色みは関係ないことが解る。
ただ、ポリネシアや、結婚式などでは性別関係なく花を身につけられる。そのことを考えると、温暖な気候で花がたくさんあれば性別は関係なく、花が貴重な『美』であることが女性らしさと関係あるのかもしれない。

 私自身はあでやかな花よりも、稲や山野草の花が好きだ。形が静かだから。
[PR]
# by griffonneur | 2010-12-16 02:51 | なぞです

フクロウ・ウォーズ

 Guardians of Ga’Hoole『ガフールの伝説』の映画を見てきました。原作(英語ペーパーバック)はペーパーバックにしてはきれいな表紙だったので、読み始めて全巻読んでいます。ストーリーはシンプル。
『300』スタッフが製作とのことで、大喜びで行ったら、客が3人だった。(2Dだけど)感想は、むくむくのモフモフ!モッフモフの300だった!解りやすい。
でもフクロウの世界の話なので、なんだか自分もフクロウになれた気がした。けっこうおすすめ。家族でもカップルでも観られる良作でしょうか。ただ、3D作品として作られているので、場面転換が激しくエフェクトも華やかなので、お年を召した方や、目が疲れ気味の方にはあまりお勧めできないかも。
 外国の児童書には動物が主人公のものがけっこうありますね、『ピーター・ラビット』や『ミス・ビアンカシリーズ』(後は動物と人間がパートナーとか)どれも、必ず、人間世界にいる動物達が少し擬人化されたファンタジーですが、必ず人間がでてきます。ところがこのファンタジーにはフクロウオンリー(ただし種類は様々で豊富)ヘビやハリネズミはちらりと出てくるものの、人間は一切出てこない。世界をまわすのはフクロウ、本当にフクロウ達だけの世界というのが面白い。心行くまで人間を忘れられました。
a0045660_23235477.jpg

[PR]
# by griffonneur | 2010-10-22 23:21 | 休日

So what?

 ある現役の研究者の話を聞いた時、その人は憤慨しながら「‘So what?’といいたくなる研究の最終目標とは何だ」と言っていた。
 つまり、一つのテーマを突き詰めて研究する。それは当たり前なのだけど、普通ならそのいくつかを網羅的にして自分の構想を点と点で形作っていくもの。どんどん星を加えて星座を作るみたいなものかもしれない。
だから普通ならその研究に触れた時、いくつもの他の問題との接点が生まれて放射状に、もしくはネットワーク状に複数のテーマと関連づけられていく。
でも‘So what?’だと、話はそこで終わって、周りの点と結びつけられない、紋切型の「話」になってしまうとことらしい。
そういう本の内容とか、そういった話をする人は、何が目的なのかを知りたい。
だって話が広がらない、「そんで?」で終わる。
会話だと、みんなで流行ものについて話していたら、突如、自分のマイブームについて語り出されたようなところだろうか。
「そんで?」続くの?落ちは??今この空間を占めている共通の心象にどう影響させようとしている???そんで、たいていの場合は「え?それだけだけど?」
こんなふうに、せっかくその場の人間がお互いの糸をつなぎ始めたのを、ハサミで切り離すような作業をする。
本人は終わってるつもりで満足だけど、それ以外の人にとって終わっていない話は落ち着かない。話って、終わらないとダメなものだったのかと思い知る。
[PR]
# by griffonneur | 2010-10-18 02:24 | なぞです

復活します

a0045660_2175177.jpg

 半年間文章が書けなくなっていました。ほんと、ビックリです。
どうしてこうなったかというと、まず、自分のおかれた現状と、自分の心の中でやろうと思っていることが一致していないときに起こるらしく、医者に「解離」しているといわれました。
例えば、「あき」という文字を書こうと思えば、頭の中に「あ」の画像が浮かびますが、手元では「お」と書いていたりします。もちろん出来上がる文章はめちゃくちゃになります。ですので、手書きじゃなくてすむものはすべて、パソコンのコピー&ペーストを使って文章を作成していました。大変だった。この他にも、自分をもう一人の自分が傍観しているような感覚に襲われ、そのため毎晩リアルな悪夢ばかり見て飛び起きると言った状態になります。どうにか自分の名前や、簡単な文章は書けるようになりましたが、漢字はほぼ無理な様子。
 面白いのは頭では日本語で文章作ってるのに、手元は英語だったときは笑った。

 もう終わってしまいましたが、京都、思文閣で木田安彦の版画とガラス絵展示に行きました。
版画は仏閣や仏像、霊山などを大胆な構図と愛らしい人物、鮮やかな配色で表現しています。デッサンがしっかりしているので、版画でも遠近の距離感や迫力が素晴らしいです。今回はガラス絵(ガラス板の反対側から油彩絵の具などで従来とは逆の順番で描くイコンなどが西洋では有名。表面がガラスになっているので、退色や破損が少ない。)が展示の半数という事で楽しみでした。ガラス絵は小出楢重が有名ですが、木田の作品はこの画像のように構図がシンプルで色もド派手、全く違います。
派手なのに下品ではない、エグみが無い所がまるで一人でモチーフと対話しているような気分になります。まとまった展示は少ないですが、単品はいくつか収蔵されているので、どこかで観ることができるでしょう。
[PR]
# by griffonneur | 2010-09-29 02:36 | 休日

英語と日本語

 どうしても読まなきゃならない英語の本がある。
二人してがんばって読んでいるのだが,お互いの翻訳部分に差異がないようにする為に訳文を資料として渡し合っているのだけれど。
自分一人の時は英文をそのまま読んで,「ああ、こういっているのか」と
頭で処理してしまうんだけれど,日本語の意味が通る文章にするとなると、
逆に今度は日本語がわからなくなってきた!
二人して「日本語が・・わからない・・・」と頭を抱える始末。
しかも一週間で全体の一割しか進まなかった。
もうダメだ,先生がアメリカから帰ってくる!

ついでのダイエット日誌、今週からはペースを落としていかないと、
逆に身体が脂肪を蓄えやすくなるので注意だ。
一日90回の腹筋でたくましくなっているしね!
[PR]
# by griffonneur | 2010-06-21 01:21 | 休日


芸術と整頓と、歪曲を好む絵描きこと座敷童のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31